アトピーノート

アトピーにアロマなんて劇薬としか思えません

最近アトピーにアロマが効果があると流行っている。


私も成人アトピーを発症した20歳の頃、
絶対このままアトピーの人生を歩んでなるものかと
がむしゃらにアトピーについて調べた。


そのとき、理系出身の知識を活かして、アトピーに効果があるというアロマにいきつき
自らアロマ入りのアトピースキンケア商品を開発したという人のメルマガにたどりついた。

開発までの苦労と製品誕生のストーリーに心打たれて
7年使用していたのですが、

使用結果とは裏腹に、「取り返しのつかない事態を招いていました」

それは何か...

色素沈着によって肌が真っ黒になってしまったのである。

もはやどの人種にもない、緑黒い、いや浅黒い独特な嫌な色だ。

恐らくアロマの一つであるティートゥリーの光毒性ではないかと疑っている。

その理由に、メーカーのサポートページから以下の問い合わせをしたことがある。

私:「御社の製品を使用してから、皮膚が浅黒くなりました。原因は断定できないですが、この製品の使用による油やけはありますでしょうか?」

返ってきた返事はこうである。

メーカ:「精製には万全を期したものを利用しておりますが、それでも確実に油やけしないという保証はございません。ご心配であれば使用頻度を少なくするなど、調整をなされてください。悪化がみられた場合はただちに使用を中止いただくようお願いいたします。」

んーこれじゃあ、何かあったら後戻りはできない。

こっちが問題なければ良い客。問題があれば使用をやめるようメーカー側も伝えたから良い、となってしまう。


アロマがアトピーに悪いと白黒つけて一つの答えを出すことはむずかしいかもしれません。

でも、アロマの危険性を調べるうちに、毒性の強いものばかりだという事実に直面する。

エッセンシャルオイル(精油)の情報サイト、「アロマテラピー♪アロマセラピー」の
注意と禁忌事項のページではその毒性の数々に驚かされるばかりだ。

有名どころに限らず、その他の精油のほとんどにアトピーというハンデをもつ人には絶対避けておきたい
いづれかの毒性をもっているのである。

これが植物がもつ自衛の毒だ。※かならずしも天然のものが悪いわけではないです

ティートゥリーを主として取り上げるが、強力な殺菌作用をもっている。

これがアトピーに良い側面をもたらすということで、アトピー用スキンケアもしくはアトピーに対する
アロマテラピーとして健康ショップやネット上で紹介されているが、

一つ注意しておきたいのが、他国では医療の現場でも取り入れられているというが、

実際医療としての治療法として確立されているわけではない。

専門知識のある有識者のもと正しい使用であってはじめてその作用の恩恵を受けられる。

毒性、光毒性、刺激性、感作作用これらすべてに毒性が低いとされるラベンダーであっても

とくに妊娠中の女性には危険がはらんでいる。

通経、月経促進作用が議論されているという情報が続々と入ってきた。

アトピーとアロマとなるとティートゥリーが主要な精油として話題に上がることが多いが、

感作作用がある精油としてティートゥリーが必ず該当している。


ある医師の地域ブログに書かれていたことであるが、ティートゥリーに含まれるシオネールの濃度が

オーストラリアでは決められているが、その規定量を超えるものが市場にも出回っている模様。


ティートゥリーの感作作用はこの規定値を超えるシオネールが悪さしているのではないかというのが
この医師の見解。


感作作用とは、かんたんに表現すると皮膚のアレルギー反応です。


ここでは、シオネールという成分が抗原となり、これが経皮吸収によって体内に侵入。強烈な抗原抗体反応が起きる。

→皮膚感作作用。

この過程で光によって感作がおきるとすれば、光感作といいます。

私個人の場合もあるだろうが、
先に述べた、当時使っていたアロマ入りスキンケア剤は
異常な色素沈着と日照りの強い外回りでは猛烈なかゆみに何度となく襲われたことがある。

植物性のものでも人によっては合う合わないは必ずある。

でもアロマ(精油)のこうした裏側を調べずに、芳香浴のカジュアルなイメージだけでとびつくのは
危険であることは間違いない。

基本は植物性ものもは合成物より良い場合が多い。


私は西洋よりも東洋で歴史のある植物に注目して、その効能の深さに相性の良さを感じて試してみた。
結果は予想通り◎

体験の記録を残してあります。

参考:

<体験>首の黒アトピーが3日目で消えました

じゅくじゅくの湿疹でも1日でかゆみが留まった医者の家では常識の方法


合わせて読まれている記事

新着記事20

アトピーに効く温泉

アトピーの基礎知識