アトピーノート

じゅくじゅく痒いアトピーの原因

アトピーがひどい時期はとにかく痒くて仕方がないですよね。
この痒みさえ治せればアトピーの湿疹って勝手に治るんじゃないかって思います。

私は成人アトピーでじゅくじゅくした湿疹がふきだしていたとき
あまりの痒さで掻き毟り、出血してもう掻けないからやめておこうと、
そこではじめて掻く手がとまるといった毎日を送っていました。

出血がひどくますますじゅくじゅくして、次第に膿みのような状態になってしまったことがあります。
なぜじゅくじゅくした痒みの強い湿疹になってしまうのか?その原因は、黄色ぶどう球菌です。

アトピーの素因についてはいろいろとありますね。
遺伝、腸の環境、外部要因...
じゅくじゅく浸透液がでる状態にまで悪化するのは、
1.不衛生
2.炎症
の2つです。

アトピーは皮膚バリアが弱いから、洗いすぎるなといいますが
あまり洗わないと雑菌の繁殖がめざましく、繁殖によって雑菌が悪化を加速させます。

問題なのは、清潔にしすぎると皮膚バリアを壊すので
皮膚バリアを壊さずに、不要な汚れや皮脂を洗い流して清潔に保つことです。

2の炎症については、一度出た湿疹は炎症をひかせないと、ぶり返したり、さらに悪化したりします。
この炎症をステロイドで鎮めるのが一般的ですが、賛否両論です。

短期間で見た目の炎症を鎮めるにはステロイドがいいわけですね。
でも根治できない。対処療法に過ぎないのです。

炎症が鎮まる前に、痒くて掻き毟りまた炎症を起すことで無限ループから抜け出せなくなります。
やがて浸出液がでて膿んだ状態へ悪化してしまうんですね。
黄色ぶどう球菌というのは、炎症を起した部分に繁殖して、膿みをだす細菌なのです。

これが皮膚表面のかゆみをさらに強く引き起こす原因です。 
⇒出た湿疹のかゆみを抑えられれば治りが早くなる

原因が分かる
完治者が発見したアトピーの原因と克服のメカニズム

メニュー