アトピーノート

アトピーに効く温泉(五浦温泉)

茨城の五浦温泉(五浦観光ホテル内)がアトピーに効くというのが
地元では有名というのを知って家族旅行もかねて行ってきました。

行く前に泉質はまったく調べないで行きました。
とにかく、アトピーには良いということだけで決めてしまいました。

正確には五浦温泉というのはなく、
五浦観光ホテルのお風呂と思っていましたが、
調べたらきちんと五浦温泉という温泉がありました。

 

P1020969P1020970 
五浦観光ホテルの屋上から撮った写真
近代画の横山大観が惚れた断崖の風景といわれているとおり
圧倒されました。日本っていう感じですね。海外ではなかなか見られない造形かもしれません。
(この屋上入ってよかったのかどうか・・・汗)

水がすごくおいしいです

KC3Z0038
これらの写真は、実は五浦観光ホテル2回目のものです。
アトピーの人ならすぐに気付くと思いますが、
とにかくここのホテルは水がおいしいんです。

食事は披露宴会場として使われる大広間で食べますが
そのとき、お水おいしいですね。もしかして五浦のお水ですか?
と聞いたら、「そうです。地元のお水ですと」いっていました。

まるで、ミネラルウォーターのような澄んだ味で、カルキなんて
絶対入ってないだろうというようなクリアなお水でした。
お水がおいしいということを言ったら、上の写真のように
たんまり、お水を部屋にまでもってきてくれました。

いやぁ、これはめちゃくちゃ嬉しかったです。

例えると、喉をすぅーっと清涼感さえ感じるようなお水です。
おなか一杯飲んでもグビグビ飲んじゃうくらい本当においしいです。

2回目の宿泊でも同じ話をしてみたら、
近くにある花貫渓谷の湧き水から引いているということを教えてもらいました。

おいしい理由はここにありました。私の家の蛇口からでる水とは雲泥の差です。

余談ですが、
1回目の宿泊で、お水のことを聞く時
私は地名がわからなくて、本来”五浦(いつうら)”のところ「これは”ごうら”のお水ですか?」と
恥ずかしながら聞いてしまいました。

ですがホテルの方は、私の誤りを訂正せず「はい、”地元のお水です”^^」と答えてくださいました。

家に帰ってから、誤りに気付いたんですが、あのときとっさに配慮いただいてたんだなぁとおもって
すごく嬉しくなりました。

KC3Z0048

このときは、改装したばかりで、内装がきれいになっていました。

KC3Z0040_r1

これは嫁さんです。(嫁さんは小さい頃にアトピーでした)

KC3Z0047
部屋によっても違いますが、ベランダからみる景色は最高です。
サッシやてすりは昭和を感じますね。

ベランダは、中学校の頃に林間学校でとまった宿舎を感じさせます。
これは私的なことなのでイメージしにくいかもしれません・・・汗

五浦温泉の感想

五浦温泉は五浦観光ホテルのお風呂がその温泉です。
入浴のみも可能です。

1Fのロビーカウンターを通って、はなれにある浴場へ向かいます。
途中右手に、貸切風呂があります。値段はたしか2,000円。

受付で事前に申し込み、鍵をもらって入れます。

もし、アトピー跡を見られたくなかったり、視線が気になるようであれば
貸切風呂でゆっくり入るのもいいかもしれません。

浴場につくと、受付がありますが、受付でなにもせずにそのまま
入れます。中には韓国式マッサージもやっていましたね。

私はヘルニアなのでこうした指圧系のマッサージはできません・・・。

五浦観光ホテルは、本館と別館大観荘があります。浴場があるのは
別館のほうです。

宿泊すれば時間内なら何回でも入れるので、別館に泊るほうがいいですね。

入浴直後から肌の状態が違う

なめるとしょっぱくて、すぐに塩化物系だとわかります。

公式サイトでは映ってはいませんが、露天風呂の岩場が鍾乳洞のように
白く石灰化しているところがみられるので、間違いなく本物の温泉だと思います。

入った瞬間、ほのかに硫黄の臭いもします。

つかるとすぐに普通のお湯との違いを感じました。とろみまではないんですが、
膜を張っているかのように肌をコートされたような感覚です。

肩までつかると、頼もしく感じてきます。私はこの温泉いいぞって、心のなかで
ニヤってしてしまったほどです。

アトピーだと慢性期であっても、体調や食べたものによる反応で
湿疹は絶えずあります。どうしてもかきむしって、かさぶた作るくらいのことは
何度もありますが、

この日も、肩とうなじ、のどぼとけ、もみあげ付近は掻いて、ヒリヒリするくらいの状態
でしたが、湯につかっても、滲みることは全くなかったです。

じゅくじゅく湿疹まで悪化してるとわかりませんが、掻いて赤みを帯びてるくらいだったら
滲みて痛いということはないと思います。

塩化物系は、弱アルカリ性だと思うのですが、アトピー肌にはなぜか良かったです。
アトピーを悪化させる黄色ブドウ球菌は、酸性には弱く、アルカリ性に傾いた肌には
活発に動けるので、不安だったのですが、

塩分の殺菌効果のほうが、総合的に上回るのか、湯上りの乾燥や強いかゆみが
起こりませんでした。これはすごくいいです。

私は、観光以外にも、地元のスパなど、アトピーに良さそうなところは結構行くのですが、
五浦温泉は、今までで一番状態がいいです。

証拠に、保湿剤をまったく使わなくても刺激をほとんど感じません。

湯上りにディナーは本当に最高でした。

五浦観光ホテルの温泉はアトピーなら一度でも試してみる価値はあると思います。
茨城がより好きになります。


新着記事20

アトピーに効く温泉

アトピーの基礎知識