アトピーノート

アトピーに効く温泉(草津温泉) - 白旗の湯

目次

[白旗の湯]

白旗(しろはた)の湯は、草津にたくさんある共同浴場の中で

観光ガイドでも紹介されている所のひとつです。

無料の共同浴場の中で最も大きく、1994年に建て替えて建物も比較的新しいです。

草津には何種類の温泉があるか調べてみたら

大まかに分けて6つの源泉がありました。

源泉名は湯畑、白旗、地蔵、万代鉱、煮川、西の河原の6つです。

白旗はその6つの内の一つです。

 

特徴 

白旗は、湯畑のすぐ近くにあり、硫黄分が強く、湯の花が多いのが特徴です。

湯の花とは、硫黄が沈殿したもの。これを採取したのが湯花です。

白旗の湯は熱いので注意してくださいね。

 

草津温泉に旅行に行こうとする人の中に、決まっているのが

部屋の中に、温泉の湯を引いているお風呂付きの旅館を探している人がいるのですが、

各旅行サイトをくまなく調査したところ、部屋のお風呂に温泉を引いている旅館は有りません。

理由として、硫黄が強すぎて設備が持たないからです。

それだけ、草津温泉は成分が濃く、清潔で本物の温泉と言えます。

 

泉質

泉質:酸性-硫酸塩・塩化物泉 (源泉名:白旗)

 

所在地 

群馬県吾妻郡草津町大字草津

 

時間湯

白旗の湯については、時間湯はやっておりません。

以前は、 「地蔵の湯」「白旗の湯」「千代の湯」「熱の湯」「松の湯」「鷲の湯」

主に6箇所でやっていたそうですが、相次ぐ建て壊しや移転により

今では地藏の湯と千代の湯の2つとなっているようです。

千代の湯では、時間湯の体験もできるようになっているので

アトピー治療で訪れる予定の方にはぜひとも体験したいところですね。


合わせて読まれている記事

新着記事20

アトピーに効く温泉

アトピーの基礎知識