アトピーノート

暖房でかゆみが悪化するアトピー

今日は暖房でかゆみが悪化するアトピーについて簡単な対処のしかたを記しておきます。10年アトピーを経験するとそれだけナレッジもたまります。

知ると簡単にかゆみをひかせることができるので知っておくと役に立ちます。

暖房でかゆみに襲われるアトピー

冬の季節。寒い外から暖房のきいた部屋に入ると、全身の毛穴が一気にひらき、強烈なかゆみにおわそれます。

アトピーになった当初この上ない苦しみに襲われたのは今でもよく覚えています。

プライベートならまだ安心ですが、これが仕事時間だと絶望を味わいます。

人に事情を話せない

掻くのをやめられない

泣きそうな表情を隠せない

かゆみのせいで話ができない

暖房によるかゆみは

アトピーのあるメカニズムが関係している

アトピーになってからはめっぽう暖房が嫌いになった。このかゆみはアトピー特有のもので

健康体の人にはわかりえない。

本来あったかい暖房は心も体もあったまるはず。

寒すぎてもアトピーはさらに苦しいのは周知のところでしょう。

私はアトピーでも暖房でかゆみがでないように、アトピーの機構とやらをもう一回調べてみました。


暖房によるかゆみを遮断、アトピーのみかたにする

角質層の乱れによって外部刺激を受けやすいのはアトピーの欠陥になっています。これが寒いところから温かいところへいくと

寒暖さがおきるわけですが、このときに皮膚バリアとなっている浮いた隙間だらけの角質層が反り返る現象がおきます。

輪ゴムが古くなると、ひびが入り、使用する時にプチンっ。ときれてしまったことが経験上あると思いますが、

イメージとしてはこんな感じで、一気にひび割れが起きている状態です。

これが全身かゆくなる原因。

 

暖房に対する対策

入室する直前に、「顔」と「首」にだけ保湿ケアしてみてください。ワセリン、クリーム、自分が合うスキンケア剤で良いでしょう。

寒暖差による角質層の隙間をふさぎ、角質層の落屑によって温風のいやーな刺激を遮断できます。

・直前

・「顔」「首」

この2つの対処で解決できます。

顔と首に限定しているのは、かゆみの神経経路は痛みと似ていて、放散痛と同じように、顔と首がもっとも感知が早く、全身に広がる傾向があります。

ステロイドの経皮吸収率が顔と首が全身の中でもっとも高いです。それだけ皮膚も薄いのです。

他は衣類を着用しているので、肌の露出が大きい部分をカバーしてあげれば大半は解決できます。


新着記事20

アトピーに効く温泉

アトピーの基礎知識