アトピーノート

アトピーが足にできて治らない原因、アトピーの出る場所は食べ物でわかる

アトピーが足にひどく表れて治らない。どうして足だけ治らないのか調べてみたところ食べ物によってアトピーのでる場所があると見抜いた著者がいるのを知りました。

その著者のプロフィールを読むと釘付けになる。アトピーで悩むある女性に、今の食生活をやめ著者のつくる野菜、玄米などの食事に切り替えるようアドバイスしたところ治ってしまったという。噂が広まり、10年間で1万人のアトピーを診てきたという実績の持ち主。

その著者が説く、食べ物によってアトピーの出る場所というのが自分の経験と照らし合わせると妙に一致するところがあったので紹介したいと思います。

●●アトピーの出る場所でわかる食生活●●(p72)

▲顔や首筋にかけて湿疹・・・・・小麦の摂り過ぎ?
▲パンやパスタ、うどんなどを食べて顔に湿疹ができたら、
・・・・・輸入小麦の農薬や化学肥料
▲肘や膝の裏など関節を曲げる部分が赤くただれてくるのは、
・・・・・牛乳や肉、卵に含まれる化学物質
▲手の先や足首から先に湿疹ができるのは、
・・・・・養殖のうお座魚の餌や薬剤
▲上腕の柔らかいところにブツブツが出るのは
・・・・・おうし座肉食中心の人です猫
▲背中や上腕の後ろ側に湿疹が出る人は
・・・・・かぜ薬などの抗生物質を良く飲む人。
▲腰から尻にかけての湿疹・・・・・合成甘味料
▲頬や目の下がカサカサになったり、黄色い汁が出るのは
・・・・・農薬や化学肥料づけのサツマイモ
▲頬からアたもの地肌にかけての湿疹
・・・・・りんご果物を疑ってみて!
▲目目の周りや頬に湿疹・・・・・農薬や化学肥料を使った大豆
▲おチンチンの周りの湿疹・・・・・ソバを疑ってみよう。

こちらはブロガーさんがその書籍の1ページを引用したものを参考にしました。

私の経験と照らし合わせてハッとさせられたものがある。まずは首。こちらの記事<体験>首の黒アトピーが3日目で消えましたでも書いているように私は首に強くアトピーがでていた時期がありました。

上の一覧では、小麦のとりすぎということですが、当時食費を抑えるため、価格の安いパスタ料理にはまっていました。ぺペロンチーノとか、韓国風パスタとか。途中韓国料理にもはまって、チヂミを毎日のように作っていたし調子に乗ってトッポッキも生地から作っていました。

それに加えて朝はパンばっかり。たっぷりとジャムを塗って。今思うと小麦中心の生活だったのは確かです。しかも、休みの日は作るのが面倒でカップ麺で済ますことも多かった。

思い返すと首の湿疹の原因は小麦だというのは確信的です。そして肘の内側について、一覧には牛乳や肉、卵に含まれる化学物質とある。実をいうと成人アトピーが発症した学生時は、とにかく半熟プリンが大の好物でした。

朝、バイト先につくとコンビニスイーツでなめらかプリン。昼はデザートとして、それから3時のおやつ。講義が終わると、夕方は仲間と焼肉によく言っていました。

牛丼チェーンなんてしょっちゅうです。。んーどう考えても当てはまるとしかいいようがない。結論、人間の体は外から摂る食べ物によってできてるので、いかに食べるものの選定が大事かがわかります。

結果、この本を買ってすみずみまで読みましたが、以来スーパーの安売りでレシピをお店任せにするのは止めました。食べ物を吟味することで、体調はずいぶん変わります。興味があればタイトルわきの要約だけでもみてみてください。__の奇跡 参考:楽天ブック

原因を知る
完治者が発見したアトピーの原因と克服のメカニズム

メニュー