アトピーノート

アトピー完治にビオチン

アトピーはビオチンという成分が不足すると悪化します。ビオチンの不足を防げれば
アトピーの症状のほとんどは治ると言われています。これを知ったとき目を丸くして読み漁りました。

アトピーに有効なビオチン作用

■抗炎症物質を作る

ビオチンは抗炎症物質を生成して皮膚炎やアレルギーを改善する働きがある。

■角質層を頑丈にして、バリア機能を高める

タンパク質を作るときにもビオチンが関わっており、皮膚を作る細胞を活性化させて、皮膚の機能を正常に保つ働きをする。

■セラミドがたくさん作られる

ビオチンはセラミド(細胞間脂質)やコラーゲンなどの生合成を高める働きがある。セラミドがたくさん作られればバリアが強化され、乾燥も改善されます。

■アレルギー症状を抑える

ビオチンには抗炎症物質を作る働きがあり、アレルギー症状を和らげる働きをします。ビオチンが不足している人に
ビオチンの投与を続けると、しだいにIgE抗体(アレルギー抗体)が減少することがわかっています。

ビオチンはアトピー完治のヒント

ビオチンはビタミンです。
皮膚病に効果のあるビタミンということで発見され、現在ではアトピー治療にも用いられています。
医師によってはアトピー治療にビオチン療法をすすめるところもあるようです。
ビオチンのアトピーへの有効作用を見ると、アトピー改善に最も効果のある働きをしてくれることが分かります。
上の4つの有効作用を持つビオチンはアトピー完治の大きなヒントであるととらえることができます。

原因を知る
完治者が発見したアトピーの原因と克服のメカニズム

メニュー