アトピーノート

アトピーと煙草

目次

アトピーの引き金となった煙草についてお話します。煙草さえ吸っていなければ、

無残な成人性のアトピーにはならなかったかもしれないと強く思います。

 

 

アトピーに煙草は悪いのは、医学的な証明がなくても皆さん知っていることと思います。

 

私が、未成年ながら煙草を吸ってきて、

20歳になって成人性アトピーが発症するまでの前兆をお話します。

 

私は、わずか14歳から煙草を覚えて、

休み時間ともなれば、友達とトイレへ行き、便座の上に立って、換気扇口へ手を伸ばしながら

煙草をすっていました。

 

中学の時は、乾燥肌で、腰の周りがいつも黒ずんでいいたことがありました。

当初はアトピーではないと思っていたので気にもしていませんでした。

 

高校生になっても煙草はやめられず、バイト代がないときはやめて

バイトにありつけたときは、また存分に吸っていました。

 

20歳になるまで結局吸ったのは約6年間です。

 

アトピー発症の前兆

体に異変を感じ始めたとき

19歳の頃です。

今までなかったような湿疹がではじめました。

 

最初は、膝の裏です。

何か血管が透き通って見えるような、赤黒いぷくっとした湿疹です。

かゆみはあまり感じませんでしたが、

消えてはなくなり、また出ては消えを繰り返すようになりました。

 

そして数ヶ月は続いたと思います。

それでも煙草のせいとは思いもしなかったので吸い続けていましたが、

 

とうとう、顔にでるようになります。

 

それが、頬にできるようになった湿疹です。

今度は膝裏にできた湿疹とは違い、

 

乾燥した湿疹です。かぶれたようなザラザラした感触で

両方の頬骨のあたりを横長の楕円形のような形で出始めました。

そして爪をたてて掻くくらい痒いのです。

 

続きは後ほどアップしたいと思います。


新着記事20

アトピーに効く温泉

アトピーの基礎知識